2007年03月26日

西日本は本格的な地震の活動期

能登沖地震に関連し、専門家からは「西日本は本格的な地震の活動期にあるのではないか」との見方が出ている。

昨日、能登沖で何度も強い揺れが観測されていますよね。
尾池和夫・京都大学長(地震学)によると「今回の地震は、日本列島が乗るユーラシアプレート内部の大きな地震があまり起きない珍しい場所で発生している。西日本の地震活動が活発化している。ひずみがたまっている証拠」だそうです。

さらに尾池氏は、今回の地震もユーラシアプレートが、海側のプレートに押される中で起きたと考えられ、「紀伊半島から四国南方沖を震源とする海溝型の巨大な東南海・南海地震発生の数十年前は、こうした内陸部の地震が4倍以上に増える」と指摘する。

私は大きな地震に遭遇した事はないが、阪神大震災をはじめ、数々の大きな地震をマスを通して見てきている。
そこで学習し、寝ている間もすぐ逃げれるように貴重品や非常食品、数日間の着替えなどをまとめて近くに置いて寝ている。
特に子供が小さいうちは、ただでさえ機敏な動きがとりづらいですからねえ。
皆さんも何か工夫しておく良いですね。

1ヶ月50名限定講座【集客=収入】プロの集客術・無料バージョンアップ・メール、スカイプでの無期限サポート、サイト宣伝付・収入が上がるまで指導続けます!
posted by ボンボン at 10:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。